4つの強み

野口製作所の4つの強み

精密絞りプレス加工、金型設計・製作のスペシャリスト

私たちがこれまで培ってきた『金型製造技術』は、開発段階からお客様への提案を可能にし、より付加価値のある製品設計に役立っております。
また『プレス量産化技術』は試作段階から量産化を見据えた工程設計を可能にし、お客様の信頼と満足の得られる品質の製品製造に取り組んでおります。

強み1 サーボプレスによる超精密絞り加工技術を確立
医療業界で光る取り組み。理想サイズを現実化
外径Φ0.5mm 肉厚t0.03の微細深絞り加工が可能に。まさにプレス加工の優位性が証明された製品です。他の加工方法ではこの肉薄での多段形状はプレス加工に勝るものは無いと確信をしております。この技術は医療業界の先端技術として採用されております。そして今、さらに微細な製品作りに取り組んでおります。
ページの先頭へ
強み2 切削加工品をプレス加工化へ
切削加工品をプレス加工化によるVE提案。
サーボプレスの活用により、ストロークスピードを数段階に調整する事が可能になり、金型内の材料の流れを自在にコントロールする事が出来最良の条件でFCF工法(板材冷間鍛造+絞り加工)を実用化する事に成功。切削品に比べ材料費、加工費の大幅なコストダウンを実現できました。
これも、開発段階から試作加工、量産化までを見据え、金型設計製作/製品製造を全て社内で行うことで蓄積された技術を駆使した成果です。
設備紹介はこちら
ページの先頭へ
強み3 SUSメッシュを用いた3層絞り加工
異種材料の三層重ね絞りを実現、解けないストレーナーの完成。
通常それぞれ独立した部品となるストレーナーを、絞り込む時の力を円周状に均等に分散することで、微妙な調整で材料同士をきれいに織り込み、剥がれのない一体ストレーナーとして製品化しました、極細線材の破線しやすい多層メッシュ構造でありながら無給油、無洗浄での加工を可能にし、地球環境に適した加工となっています。無洗浄化の成功により、異種素材であるテフロンシートを金属メッシュの間に挟み加工することができより高付加価値製品の提案を可能にしました。
ページの先頭へ
強み4 単発・順送トランスファー金型の設計・製作
豊富な経験と蓄積された技術とノウハウでご対応。
私たちはこれまで約200型以上の金型を設計・製作してきました。
その中で培われてきた技術と、継承されてきたノウハウによって、私たちの金型は常に進化をしております。単発用金型、順送加工用金型トランスファー加工用金型の中から御客様のニーズに合った最適の加工方法でご提案させて頂きます。
金型は加工により常に変化をするので、その変化を見逃さず定期的にメンテナンスを実施することが必要です。当社ではメンテナンス体制が確立されており、常に金型が最適な状態で加工することができるので、品質にも自信があります。
金型製作はこちら
ページの先頭へ
深絞りや金属加工のお問い合わせはお気軽にどうぞ
ページの先頭へ